書きたいときしか書かないブログ

日々考えていることや、触れた作品の感想など書きます。

エターナル・サンシャイン/忘却はより良い前進を生むか?

f:id:Lesnacker:20161201005525j:plain

エターナル・サンシャイン』を観ました。

恋愛に傷ついたことのある人・新鮮な気持ちを忘れてしまった人にオススメ!とどこかで読んだので、割と当てはまってるし(笑)観てみました。

※後々、ちょっと内容にも触れるのでネタバレが嫌な方はここでページを戻してください。

 

 

 

観ながら、前の前に付き合っていた人のことを思い出していました。

死ぬほど愛してる人でも、長く付き合うと不満や愚痴が溜まってしまう。
別れた後に、それを他の人にバーッと酷く言ってしまうのも、まあよくあることです。

彼女と別れた後、あ〜…振られたんですが、私も例に漏れず、積もり積もった愚痴を散々周りに喋ってイライラを晴らしていました。完全に腹いせ(笑)
でもそれが、本人にバレてしまって。
私は電話をかけて彼女に謝って、なんとか仲直り(?)したんですが…。
本人に伝わって困ることを、なんであんなに吹聴していたんですかね。

バレたことを知った瞬間、体が震えて動悸がして、涙が止まらなかった。自業自得だけどな。嫌われたくなかったんです。
まさに
「本心じゃない。」
って感じでした(笑)
てか電話かけたときそのまんま言った…。

私はどんな酷い恋愛をしても、ラクーナ社には行きたくないなあ(笑)
これまで4回くらい人と付き合って、懲りずに傷つきまくってますけど、どれも私には必要なものでしたから。
無駄な恋愛は一個もしてません。
その度に何かしらを学んできて、今に至ります。

メアリーが、「忘却はより良い前進を生む。」と、劇中でニーチェを引用しました。
でも彼女はその後、自分が記憶を消す前と同じような過ちを犯してしまうんです。
愛した人との記憶を全て消してしまっては、全て0になってしまいます。
そこで負った傷は確かに消えますけど、そこで学んだはずのものも消えてしまうなんて。
それでは何の意味もないでしょう。

最後に、クレメンタインとジョエルが言い合った
「今にイヤになるわ。そして私は息がつまるの」
「いいさ。」
というセリフにもグッときました。

復縁してもまた同じことが原因で別れる、というのはよく言われています。
でも、過去の恋愛で確かに2人は何かを学んできたはずです。
また同じことが起きても、今度は違うアクションができるかもしれない。
そのとき感じた気持ちは、過去のものとはまた違うものかもしれないですよね。
もっと良い方向に進めるかも!

私はとても好きなお話でした。
借りて良かった〜。
そういえば、久しぶりに家で映画を観たかも。

は〜、彼女ほしい!(笑)

おやすみなさい。